ONE for GIRL,GIRL for ONE

同性愛者(♀)が独特の視点で恋愛とモテる方法について考察します。

渋谷区の反同性愛デモを当の同性愛者はこんな風に見ている。

たまには真面目な?話題について記事を書いてみます。

といってもいかんせん根が不真面目なので、大した事は書きませんが……。

 

なぜ真面目な話題を取り上げるのかというと、

珍しく世間がLGBTについて騒いでいるからです。


「寛容」日本の化けの皮、はがれる。渋谷で反同性婚チラシやデモ、自民幹事長も同性婚に懸念。2丁目ではゲイバー取り締まり強化も - 石壁に百合の花咲く

 

 

ご存じの方も多いと思いますが、かいつまんで説明すると

渋谷区が「同性愛者のカップルにも異性愛者と同じ権利

(例えばアパートの入居を“夫婦”として審査して貰えるとか)を

与えようよ」という案を出した所、

渋谷駅前で同性愛反対~!とデモが起きたりしているそうです。

スポンサーリンク

 

私はこの一連の出来事をまるで現実感の無い目で眺めています。

 

だって「デモ」って、

「原発はんたーい!」とか

「秘密保護法はんたーい!」とか

ちゃんと考えないとどっちが正しいのか分からないけども

とりあえず「はんたーい!」と突発的に言ってる人の気持ちは分かるものばかりじゃないですか。

そりゃ震災であんな事になれば原発反対にもなるでしょう。

ただでさえ不透明な政治に対してナイーブなこのご時世に

「秘密にする法律作りました」って言われたら「待てーい!」ってなるでしょう。

 

でも「同性愛はんたーい!」って……

そうかあ。

同性愛者の私は、「原発」と同じレベルで“日本にとって危険な存在”とされているのか……

と、怒るとか悲しいとかいうよりも

おとぎ話の世界を見ているような気分になってしまいました。

自分が原発扱いされてるって、話が壮大すぎてちょっと面白くないですか?(笑)

 

しかしながら、これはどうやら現実らしいです。

ついついデモ画像を拡大して、どんな人が反対してるのかじっくり見てしまいました(笑)

あんまり人生の中で

「なぬ、お前は同性愛者か!生かしてはおけぬ!」

って言われたことがないんで

珍しくて、ついつい、ね……。

 

あ、拒否られたことはありますよ?

告白をしたら

「わたし、女の子は恋愛対象にどうしても出来ない」って。

振られた経験は数知れずです。

 

でもそれは「人生に関係無いと思っていた人種が急に目の前に現れて

しかも求愛してくるもんだから面喰らっちゃった」

って話ですよね。

私もいきなり「鬼の一族の跡取り娘だけど貴方を好きになったから付き合って一緒に宇宙で暮らそう」

って言われたら、どんなに可愛い女の子でも引いちゃいます。

 

 

さて、「同性愛反対デモ」においてとっても不思議なのがここです。

「自分の人生に関係のない事」に対して人は

目の前に接近して来ない限り反発をしません。面倒臭いからです。

ましてや自発的にデモなどしないです。

好きの反対は無関心ですからね。

 

渋谷区という大きな自治体が作る条例だから目の前に接近しているじゃないか、

という意見もあるかもしれませんが、

原発と違って、同性パートナーシップ条例が通った所で

同性愛者じゃない人が明らかな不利益を被るわけじゃありません。

 

じゃあデモをする人たちは何を恐れているのか?

もしやデモをする人たちは、同性パートナーシップ条例が通る事で

同性愛者が増える事を恐れているのでしょうか。

 

同性愛者にやさしい条例ができてカミングアウトする人は増えるでしょうが

同性愛者が目立つ数で増えることはまずないでしょう。

同性愛者に許される措置は元々異性愛者が持っている権利なので

宗旨替えをしたところで何の旨味もないし、

そもそも人の性指向は、抑え付けられて変える事はあっても、なかなか自発的に変えられるようなものではありません。

同性を好きになる人は世間が同性愛者に優しかろうが厳しかろうが、どうしようもなく好きになるのです。

 

じゃあ、じゃあ何か。

同性愛者デモをする人たちは何でそんなに強く反対するのか。

 

考えられる一つは、同性愛者の知り合いが周りにいない為。

理解が足りていないから誤解によって必要以上の恐怖を煽ってしまう。

まあ、なんとなく気持ち悪いんでしょうね。(笑)

ごめんなさい!(笑)

 

そしてもう一つは……

実は自分が隠れ同性愛者である為。

 

意外と冗談にも出来ません。

アメリカでは2009年に「アウトレイジ」という映画が公開されて、話題になりました。

(※北野武の「アウトレイジ」とは別物です)

ゲイである事を隠すために自らゲイを弾圧する議員たちを暴露するドキュメンタリーです。


自身が同性愛者であることを隠し、または否定をしながら、議員活動を続ける政治家たちを描いた(暴いた??)ドキュメンタリー映画「アウトレイジ」 | 元アーティスト☆時々変なおじさん

 

アメリカのような根深い問題は無いにしても、

頑張って自分の性指向を押し隠して権利を勝ち取ってきたのに

自治体が簡単に同性愛者の権利を認めちゃったらそりゃ腹立ちますよね。隠れた欲望を抑えようとして逆に反発してしまう心理も分かります。うんうん。

 

 

……というわけで、いろいろ足りない頭で考えた結果、

「デモをしている人たちは無知で騒いじゃう人か隠れゲイの人である」

という結論に至り、

野次馬根性でより一層デモ写真の顔にくぎ付けになりましたとさ。(笑)

 

デモ写真に写っているのがほとんど男性なのが残念な所です。

私がもし男だったら、「あらこの人好み♪」なんて言って

次のデモがあったら足繁く通ったことでしょう。(笑)