ONE for GIRL,GIRL for ONE

同性愛者(♀)が独特の視点で恋愛とモテる方法について考察します。

どこも言わない出会い系サイトの実態と攻略法、教えます。実践編

no mail today
no mail today / spinster cardigan


前回の記事の続き、出会い系サイトにおけるモテの実践編です。
サクラを雇っている出会い系サイトはたくさんあります。
その前提で考えられる攻略と対策についてお話しします。

 サクラの見分け方を知っても意味がない

まず、前回のエントリはこちらです。

 

サクラが何のことか分からないという方はこちらをお読みください。
出会い系を利用したことが無い人にとってもなかなか興味深い男女の世界です。
(※ちなみに私はもうだいぶ前に足を洗った身なのでご勘弁下さい。)

 

さて、「サクラ 攻略」「サクラ 見分け方」などで検索をするといくつもの専門サイトに引っかかります。
そこの管理人さんたちはおそらく元サクラだったのでしょう。
サクラのシステムを熟知していて、その裏をかいた対策法がいくつも書かれています。が、残念ながら片手落ちな対策が多いです。
その中の代表的なものについて解説をします。

地元の人にしか分からない情報について質問をする

これは、サクラが男性客と同じ地元民であると嘘をつく習性を利用したものです。
地元の店のメニューなどを聞いてはぐらかしてきたらサクラ認定……というようなものですが、この見分け方はいろんな意味で落とし穴があります。
まず第一に、今時大抵の情報はインターネットで即時検索可能であるということ。いくらでも知った振りをできます。
第二に、女性という生き物はそもそも地元の細かいことを聞かれても答えられません

男「あなたの住んでる〇〇駅でよく行く店ってどこ?」
女「(大体会社の近くで食べるから地元の店よく知らないんだよなぁ……)そうですね、〇〇ってお店でたまに食べます!(確か1回入ったことある)」
男「じゃあおすすめのメニュー教えてよ」
女「うーん……よく覚えてないです(^^;)でも大体どれもおいしかったですよ♪」
男「地元って言ってるのに全然知らないんだね。あなたサクラでしょ。じゃあね」
女「(こいつ何なの!?)」

上の会話は、実際にサクラ業務をしていた時に見かけたリアル会員同士のメールのやり取りです。実に残念な会話です。
(ちなみにこの後、あらかじめ地元の店情報を詳しくネットで調べてから失望状態の男性と地元店話を投げたら非常に喜んでもらえて、かなり長い付き合いのお客さんになって頂きました)

男性は見栄っぱりですから、その店にさほどこだわりが無くても「知らない」とは言わず、何かしらのおすすめ料理をひねり出したり、豆知識を披露したりします。しかし女性はそこらへんの見栄が無いので、「ここ大好きなの♪」と言っていても実は全然詳しくなかったり、長年住んでいる地元のことを平気で「全然知らない」と言えるものです。
そしてその深みの無さは、ちょうどサクラの地元知ってる振りとよく似ています。
なので、地元ネタでサクラかどうか見分けるのは得策ではありません。

 

直メ(直接やり取りできるメールアドレス)を尋ねる

有料の出会い系サイトはメッセージを相手に送ったり、受信したメッセージを読むたびにお金がかかる仕組みになっています。なので、サクラはできるだけサイト内でのやり取りを引き延ばして稼ごうとする習性があります。
だから直メを聞いてNGが出る女性=サクラである、という見分け方ですが
残念ながらこの見分け方にも落ち度があります。
これも実際の会員さんのやり取りを見て思ったのですが、皆さん直メを聞くタイミングがあまりにも早すぎます。あれでは本物の女性会員が相手だとしたらドン引きで、メアドを教えるわけにいかなくなります。

女性側は男性会員のスペックやメールでの会話のスマートさ、面白さなどを測り、いいなと思えた人と直接での交渉に応じます。少しでもガッツキを見せたらそこで試合終了です。
つまり、元も子もない言い方ですが、サクラを早く見分けてなるべく安く楽に女性をゲットしたい……と思っている人には有料制の出会い系がそもそも向いていません。

 

自撮りの写真を複数枚送ってもらう

サクラは自撮りができません。なのでプロフ写真はネットから引っ張ってきたものを適当に使うわけですが、「他の写真も送って」と言われたら困る……
という点をついた作戦ですが、これもやはり不充分です。
というのも、サクラには大きく2種類いるからです。

  • 全体に引きの強い爆弾のようなネタを落として荒稼ぎするサクラ
  • 1人1人に細かいケアをして太客をつかむサクラ

前者はすごいエッチなことを望んでいる若い女の子キャラや、現金報酬を持ちかける金持ちキャラなど、多くの会員が食いつきそうな鉄板キャラを仕込み、同じメッセージを全会員に投下するのです。(ちなみにこの役割をするのは男性サクラが圧倒的に多いです)
こういうサクラは会話もコンピューターで一斉返信するので、やり取りに矛盾が起こりやすいです。もちろん「他の写真も送って」なんて面倒な要求には応じないので、サクラだと見破りやすいでしょう。
ただ荒稼ぎばかりしていると客離れが激しいので、効率が悪くても1人1人のお客さんと個別に手動でメッセのやり取りをする部隊も用意されています。大きく分けてこの2つの部隊をうまく混ぜあわせることで出会い系サイトは長く運営を続けているわけです。

今時、SNSで自撮りをさらしまくってる女の子はたくさんいます。個別返信部隊はそれらのストックを何十種類も保存しています。地元ネタを聞くという技の所でも指摘しましたが、ちょっと手間をかければいくらでも情報は手に入れられるので、個別返信部隊のサクラを情報戦で見破ろうとするのはかなり困難でしょう。

そして最後に、本物の女性客だった場合、「他の写真も」と頼むとまず断られます。女性は大方、見栄えがとてもよく見える&身バレのしにくい、とっておきの“奇跡の一枚”をプロフにアップしています。その一枚で判断してもらいたいのに、会ったこともない男性から「他の写真も」と言われたら引くし、“奇跡の一枚”をもう1枚撮る果てしない面倒さのことを考えれば断るのが当然です。
なので、写真を断る=サクラと判断するのは浅はかです。

 

サクラに勝ち目のない戦いを挑む男達

代表的なサクラ攻略法についていくつか解説しましたが、いかがでしょうか。
ここまで読んでお気づきの方もいらっしゃると思いますが、ほとんどのサクラ攻略には共通の欠点があります。それは、リアルの女性会員も案外サクラと似た言動をしているという事実です。
サクラの内実を知っていればサクラっぽい言動は確かにはっきりと分かるでしょう。でもそれだけでは、サクラを排除するだけではなくリアル女性も一緒に排除してしまうのです

まず女性はしつこい男性や疑り深い男性を嫌います。
サクラという存在にとらわれて小手先のサクラ攻略テクニックにこだわればこだわるほど、リアル女性へのモテは遠ざかるでしょう。
「策士、策に溺れる」の典型です。

また、前回の記事にも書いた通り、男性は自覚している以上に女性のことを知りません。男性が作り上げた架空の女性の方に易々と飛びつきます。
本来のターゲットであるリアル女性のことをよく知らない上に、サクラというしょうもない存在にとらわれて疑り深くなり非モテな男になる。
私はそんな泥沼にはまっている男性を出会い系サイトで何百人も見て来ました。彼らは商売でやっているサクラたちに勝ち目のない戦いを挑み、そしてあっけなく負けていくのです。


サクラの生態を知った上で、どうモテるか

先ほど「サクラの内実を知っていると逆にモテから遠ざかる」というような書き方をしましたが、正確に言うと違います。
なんでもそうですが、他の人が知らないレア情報は使いようで毒にも薬にもなります
サクラの生態を知った→サクラを見破ることに利用しようとするのはかなり損な情報の使い方といえるでしょう。
では、どのように情報を有効活用すればモテるでしょうか。

ひとつ分かりやすい活用法は、思い切って内部に入り込む、つまりサクラになることです。
サクラはどんな下っ端でも、サイト会社のコンピューターシステムの基本を理解すれば、リアル女性会員をピンポイントではじき出すことが可能です。メールの内容から推理してサクラを見分けるテクニックがバカらしくなるくらい、一瞬でずらっとリストに出てきます。

この方法は正直一番確実で、現に私が働いていた時も社員やバイト含め何人かのサクラがこっそりリアル女性会員とコンタクトを取り、関係を持っていました。
バレたら当然クビですが、元々サクラを雇う運営会社自体がまっとうな商売ではありませんからそこまで痛くありません。また不思議なことに、女性会員と関係を持っているバイトの方が真面目にやっているバイトよりも売り上げが良かったりするものです。なので暗黙の了解な面もありました。
倫理の良し悪しは別として、レアな情報を手に入れたら馬鹿真面目に活用するよりも、更に裏をかく活用を考えた方がより確実においしい思いをできるという良い例ではあります。
私はやりませんが。クビになることよりレズビアンとばれる方がこわいので。

……こんなことを馬鹿真面目にアドバイスしている私も相当の馬鹿ですね。
出会い系やサクラについて解説しているブログはたくさんあっても、おそらくこんな裏技を書いているのはこのブログだけでしょう。あまりに本当のことを書いているので、どこかからお咎めがこないか不安なくらいです。

サクラはシフトが24時間自由に組めるしダブルワークが可能なので、勇気さえあれば誰でもできる裏技だと思います。
それでもやはり、難易度の高い裏技でしょうね。

あとはひたすら、比較的良心的な出会い系サイトを探すしかないでしょう。
サクラや、もしくは悪質な客や美人局などが皆無の出会い系サイトはひとまず無いと思っていた方が無難です。なぜなら、性愛に関わる商品には必ず危険な影がつきまとうものだからです。

ただ、程度というものがあります。ほとんどサクラで構成されているサイトは勝ち目がまずありません。そのようなサイトだけは避けて、比較的自分の肌と合うサイトを選ぶことをおすすめします。
ほとんどサクラで構成されているであろうサイトの特徴は女性会員を積極的に募集していないことです。お気を付け下さい。

また、「このサイト、どの女の子も嘘っぽいぞ」と思ったら、相手に余計なことを口走らず無言でそっとサイトを退会しましょう。懐疑的な言動や罵詈雑言はクセになります。どんどん猜疑心にむしばまれていって、やがてうまくいくものもうまくいかなくなるので気を付けましょう。深追いは精神的にも金銭的にも禁物です。

レズビアンの私が見てきた中で、サクラが少ないorいないと思われる出会い系サイトは以下です。

PCMAX
アイルI’ll (Facebookを利用した匿名アプリ)
YYC (ライブドアの出会い応援サイト)

おそらくどれも無料お試しがあると思います。人によって好みや相性がありますので、いくつか試してみた上で肌の合うサイトを利用されることをおすすめします。

皆さんのモテを心から応援しています!(^^)