ONE for GIRL,GIRL for ONE

同性愛者(♀)が独特の視点で恋愛とモテる方法について考察します。

女の子から一日で四件ドタキャンされて学んだ事

Sad-man
Sad-man / Simon Daniel Photography

 

皆さんは女の子にドタキャンされた事、ありますか?

私はもう数え切れない位あります。

その中でも一日で四件ドタキャンされたのが自己最高記録です。

 

 

一日で四件ドタキャンされた話

もちろん全部違う女の子との約束です。
 
その日私はどうしても女の子と遊びたい気分だったので、まず三人の女の子と昼と夜に遊ぶ予定を入れていました。
その内、夜に入れていた二人の女の子との予定は敢えてのダブルブッキングです。
なぜそうしたかというと、二人ともドタキャンの常習犯だったのでどちらかが具合悪くなるだろうと踏んだのです。
 
その予想は的中し過ぎました。
一人は完全ダウンで夜の予定をキャンセル。
もう一人の方も「ちょっと調子が悪くなってきたから様子みてまた連絡するね」と言い始めました。
これは完全にフラグです。
夜の二人が両方ともキャンセルになるとまでは思わなかったので、私は慌てて別の新しい女の子に「夜遊ぼう」と持ちかけました。
これが当日午前中の出来事です。
 
スポンサーリンク
 
 
それから昼になり、昼に約束した女の子と遊ぶ為に待ち合わせ場所に行ったのですが、女の子が現れません。
「今どこ?」とメールをしたら「実は今病院で……」と返ってきました。えっ?
 
「前に健康診断受けた時に肺に影が見えるって言われて……今日その再検査だったの。やっぱり肺に白い物が見えるって。怖いから今日は遊ぶのやめるね」
「そうだね、都会は空気悪いからね。」
と返して終了。夜の予定に向けて、昼は喫茶店で暇をつぶす事に。
 
でもそのまま家に帰れば良かったです。
結局残りの二人も体調不良でキャンセルして、その日は一日もやもやしながら何もせず終わりました。
最高に無駄でストレスフルな一日でしたね。
 

一日に四件ドタキャンされて学んだ事

さすがに一日四件ドタキャンされるとメンタルに来ます。
まず悟った事は、「ああ、女の子の体調不良ドタキャンってやっぱ嘘なんだな」って事でした。
だって同じ日に私と約束した四人の女の子が同時に体調悪くなるって確率的に考えて相当低いですから。多めに見積もったとしても、四人の内の一人二人は確実にポテトチップ食べながら家でごろごろしてるでしょうね。
 
私が 嵐だったらな、と思いました。
私が嵐だったらば、もしこの予定が私とのデートじゃなくて嵐の国立競技場コンサートだったら、たぶん誰一人としてドタキャンしなかったでしょう。
嵐コンの予定を「ごめん!急に体の調子が悪くなって」なんてゆるい理由で取りやめる人なんて世の中に居ませんからね。
逆に言えば、それだけ自分が女の子達にとって価値の低い存在なんだと思い知らされたのが辛かったです。
 
この時に学んだ事は二つ。
一つは、基本的に女の子との約束に対してメンタルの重きを置くのは禁物だという事。
約束を楽しみにしてればしてる程ドタキャンされた時の消耗っぷりったら激しいですからね。
ほんとに来たらラッキーくらいに構えておいた方がいいです。
 
あともう一つは、これは今冷静になってみて思うのですが、
女の子にドタキャンされるのはどこか自業自得な部分もあるのかもしれないという事です。
 
約束をキャンセルする方が悪いに決まっているのですが、私も私で、どうせドタキャンするからと最初からわざとダブルブッキングにするあたりどうかしてます。(笑)
 
そういう根本的な態度の悪さが知らず女の子に伝わっていたのかもしれません。
大体ドタキャンする子というのは日常的に嘘をつく習性を持つ子ですから、他人の空気を敏感に嗅ぎ分けて行動する能力を持っています。
私は多分、こいつはドタキャンしてもいい奴だと認定されていたんでしょうね……。
 
今は私もだいぶ大人になって、相手がドタキャンしようがしまいが自分は態度を変えず、平常心で居られる様になりました。
自分は自分と割り切り、きちんと予定通りに行動する。
人が予定通りに行動しなかったとしても余り気にしない。
 
すると不思議なもので、ドタキャンされる割合が格段に減りました。
それでもまぁドタキャンされる事もたまにあるのですが、その場合は後で相手からきちんとフォローの行動があります。リスケジュールを持ち掛けられたり、丁重過ぎる程の謝罪があったりします。
これは一日に四人からドタキャンされた時代には有り得ない事でした。
 
なので、やたら女の子にドタキャンされる場合は、理不尽さによる苛立ちを一旦横に置いて、自分の行動と態度を振り返ってみてもいいかもしれません。
女の子は相手の態度をみて出方を変えている可能性があるからです。