ONE for GIRL,GIRL for ONE

同性愛者(♀)が独特の視点で恋愛とモテる方法について考察します。

なぜゲイは女にモテるか?同性愛者から盗む、モテテクニックの必勝法

smiles
smiles / eflon

 

ゲイから女にモテる秘訣を探る

ゲイの男性はよく女性にモテます。

「好みはゲイっぽい人」と公言する女性も少なくないし、中にはゲイにくっついて歩く女の子のことを「おコゲ」という程。

それ位、ゲイとゲイ素質を持っている男性の女性からの支持は厚いです。

 

ゲイは恋愛対象が異性ではないので、基本的に異性にモテる努力をしていません。

なのになぜモテるのでしょう。

 

感性が鋭くてオシャレだから?

繊細そうなイメージがあるから?
異性に媚びない所が逆にそそられる?
どれも近いけどちょっと違います。
 
正解は「匂い」です。
ゲイは、ノンケ(異性愛者)の男性が出しているある「匂い」を発していないのです。
 

異性によって傷つけられる、つるつるの心

「匂い」といっても物理的に発している匂いではありません。
仕草や言葉の端々、あるいは身だしなみなどの細かい所にそれとなくにじみ出る「雰囲気」のことです。
 
それはどんな「匂い」かというと、
自分の心のつるつるした部分を傷つけそうな「匂い」です。
その「匂い」を発してないから、ゲイは女性にモテるのです。
 
これだけでは抽象的でよくわからないので、例を挙げます。
とても仲の良い男女がいます。
この二人は友達です。女性の方に恋愛感情は全くありません。
しかし、男性の方が相手を女として意識するようになってしまいました。
 
男性は我慢できなくなって告白します。
「僕は君と遊ぶだけじゃ物足りない。キスやその先もしたいと望んでいる」
とまあ、ここまではっきりは言いませんが、告白をするということは肉体関係を持ちたいという意思表示をするということと同義ですよね。
 
その告白に、女性はひどくショックを受けて、傷付きます。
順当に考えるのであれば、真に傷付いているのは告白をして振られる男性の方なはずです。
しかし、彼女のショックもまた真実なのです。
 
彼女はなぜ強いショックを受けるのでしょうか?
男性を振ることでもう今までと同じように仲良く遊べなくなるという喪失感もあるでしょうが、
彼を失うことがそれほどショックなのであれば振らなければいい話です。
彼女のショックの核心は、彼が「自分を傷つけるかもしれない存在」に立候補してきたことにあります。
 
女の子がつるつるの卵だとしたら、「友情」とは卵の殻の外から卵をいとおしむ行為です。
その子の秘密や真の姿は見えないし、あえて殻の中を見ないでいてあげることによって友情は成立します。
それに対して、「恋愛」は卵の殻を割ってどろどろの卵の中身を愛そうとする行為です。
その子の嫌な所やいかんともしがたい業の深さにずかずかと踏み入って、それらを肯定しようとする営みです。
 
殻の外から声をかけてくれる人、
殻の中に押し入って声をかけてくれる人、
どちらも人にとって大事な存在です。
 
しかし上の例の場合、女性にとって男性は「友人」として最高であっても、殻を破るべき「恋人」としては不適当でした。
これは理性でどうなるものではありません。
「殻を破って中に踏み入られる」ことを望んでいない相手に「俺はお前の殻を破る」と言われたらどうでしょう。
お前を不当に傷付ける、と宣言されているようなものです。
 
男性という生き物は肉体面の資質において、そして精神面において、その気になれば女性を容易に傷付けられる才能を持った生き物です。
才能という言葉を使ったのは、女性にとって傷つくという現象が成長に繋がる場合もあるからです。
 
しかし残念ながら生きていると、不本意に傷付いてしまう場合が多いです。
なので女性は、男性という生き物にいつも本能でびびっています。どんなタイミングで傷付けられるか分からないから。
 
「この人になら殻を傷付けられて、中に踏み入られてもいいかも」
そう女性が思える場合をのぞいて、全ての男性は多かれ少なかれ恐怖の対象です。
 
そこでゲイ。
ゲイは恐怖を連想させる言動を発しません。
女性に向けた粘つく発言をしない。かっこつけていきった行為をしない。なぜならゲイは、女性の殻を破る欲望に最初から欠けているからです。
 

ゲイを参考にモテる方法

ゲイはただ女に興味がないから傷付けないだけですが、
実はこの傷付けない態度は、モテを考えた時に負け無しの必勝法です。
なぜ負けないかというと、自分から勝負に出ないからです。
女子勢からまんべんなく好感を持たれていると、必ずその中から恋愛感情を抱きだす女子が出てきます。女の子の集団心理とはそういうものです。
 
つまり「待ち」の戦法ということになりますね。
必ずしも好みの女性と結ばれるとは限りませんが、こういうのんびりした恋愛もいいものかと思います。何より広く浅く女性陣からモテるのは気持ちいいものです。
 
ではどのようにゲイ風のモテ方を習得すればよいでしょうか。
そのヒントはアイドルが持っています。
 
アイドルは人気を出すためにゲイっぽい言動を戦略的に用いています。
ジャニーズがその筆頭でしたが、今は女性アイドル(AKBやハロプロ)もその戦略を用いている節がありますね。
グループのメンバー内で疑似的な恋愛感情をほのめかすのです。
そうするとネット上でその言動が話題になり、ファンが喜ぶという仕組みです。
彼らや彼女らの同性愛的言動と、それに沸き立つファンたちの反応を参考にすると、ゲイ風なモテ方がどういうものか分かります。
 
ここで注意したいのは、ホモセクシャル的行為とホモソーシャル的行為は似ているようで全く違うということです。

この説明にもあるようにホモソーシャルは女性嫌悪と同性愛嫌悪が根底にあります。

なので女性にモテるには逆効果ということになります。

男性同士で連れだって風俗に行くとかが典型的なホモソーシャル的行為でしょうか。

「女にはわからない」といったような排他的な空気がある場合、それはホモソーシャルですのでお気をつけ下さい。そこはモテの要素を絨毯爆撃で焼きつくしたような、草一本生えない非モテの荒野です。

 

 

以上です。

モテの参考になれば幸いです。

ではまた!