ONE for GIRL,GIRL for ONE

同性愛者(♀)が独特の視点で恋愛とモテる方法について考察します。

人は幸せだとヤる気を失ってしまうのか?(性的に)

150/365 Scanography  (+3)
150/365 Scanography (+3) / martinak15

 

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。

これが当ブログにおける今年最初の記事です。
少し更新にかまけている間にも、記事を見に来てくれる方やスターをくれる方、読者登録をしてくれる方などがいて、本当にありがたいです。

去年の2月にブログをはじめて、これまで計48記事をアップしました。
けして立派な更新頻度とはいえませんが、「レズビアンから見た男性(或いは女性)のモテテクニック」というテーマで約1年間ブログを続けてきて、一定数のアクセス数を頂くまでに成長しました。
ひなに毛が生えた程度ですが。

 

ブログを書けない理由は「幸せ」だから?

そこまで育てたブログを、なぜか2ヶ月間も放置してしまいました。
当然ですが、更新が止まるとアクセス数もじわじわと減ります。

せっかく軌道に乗りかけているブログを止めた理由は、仕事が忙しくなったわけでも親が倒れたわけでもなく、
ただ……モテネタがあまり思い浮かばなくなったのです。w

去年の今頃はどんどん湧き出たモテ関連のネタがなぜ思い浮かばなくなったのか?
理由はおそらく、今の彼女とうまくやれているからだと思います。

今の彼女と付き合いはじめたのは一昨年から。
その前までがひどい恋愛のつるべ打ちだったので、彼女と付き合いはじめた時も女性に対する懐疑心がなかなか抜けず、自分は女性との恋愛において安らぎを得ることは一生ないんだと思っていました。
なので彼女ともうまく付き合っていける自信がなかったし、自分の中で他の女性を求める=モテる方法を考える気持ちが失われなかったのでしょう。
女性に対する欲求、飢餓感がこのブログの原動力になっていました。

しかし、「あれ?流れで付き合った彼女だけど……もしかして、今までの中で一番いい女で、相性もよくない?」
ということに徐々に気付くにつれ、自然と自分の中で女性一般に対するひりひりした欲求が消えていったのです。

今、恋愛問題における私の心は穏やかです。

今までモテるためにいろんなことを考え、実践してきたので、積極的な行動に出なくてもある程度のモテ貯金のおかげで女性からちやほやしてもらえます。

でも、積極的にモテようとしていた頃と比べたら、やっぱりモテてないんですね。
これは以前書いた「モテの定義」という話にも繋がりますが、

 

私にとっての「モテ」とは基本的に肉体関係を持てることなので、今はどんなにちやほやされようが、ヤっていないのでモテてはいません。

「いまいい感じだ。ちょっと背中をつつけばさせてもらえそうだ……」
と思う瞬間はあります。
でも、今は複数の女性と肉体関係を持ちたい欲がないので、背中をつつけないのです。

これは、今までブログで書いてきた「モテないタイプの人間」の典型でもあります。
人間、モテようと本気で思って正しい方法を実践すれば、誰でも最低限のモテられるのです。
なので、モテたいのにモテない人はイコール、心のどこかで本当はモテたくない人なのです。
女性にモテることよりも、自尊心や世間体やリスク回避の方が大事なのです。

そして、モテにおける今の自分の立ち位置と、ブロガーとしての自分の立ち位置は不思議と呼応しています。
積極的にモテようとしなくなったけどある程度ちやほやして貰える自分と
積極的に記事を更新しなくなったけどある程度アクセスを貰えている自分。
なんだかとても似ていますw


今後の当ブログの展望

というわけで年のはじめからだるい記事を書いてしまったのですがw
もちろん「ONE for GIRL」はまだやめませんよ!
女の子が好きなことには変わりないし、ゲスい話も相変わらず大好きなので
(ゲスとベッキーの件とか自分のことのように食いついてます)
楽しく書いていければと思います。

思えば去年のエントリたちはだいぶ肩に力が入っていました。
ブログやるなら一定の成果はあげたい!という気持ちと、モテたい欲が、そうさせていたのでしょう。

いまプライベートは、恋愛の面倒なもろもろからだいぶ解放された状況なので、安心して他のやりたかったことに取り組めています。
ブログも同じように、普段づかいの気持ちで感じる男女のあれこれについて書いていければと思います。

では、今年もよろしくお願いします!(^^)