ONE for GIRL,GIRL for ONE

同性愛者(♀)が独特の視点で恋愛とモテる方法について考察します。

不自然のチキンレースがまかり通るこの世界で~LGBTが性的指向を明け透けに表明する理由~

Lazy Cat
Lazy Cat / martie1swart

 

前回の記事でレズビアンの恋愛生態系について書いたので、

今回は生態系の中の一つ、インターネットで恋愛するレズビアンについて書きたいと思います。

 

レズビアンの恋人募集の掲示板などで面白いのは、プロフィールにフェム・ボイ、タチ・ネコをはっきり書く事です。

フェム・ボイ・タチ・ネコ……全く耳慣れない言葉ですよねw

折角なので覚えていって下さい!

15人に1人居ると言われているLGBT(ゲイやバイの総称)の中では小学1年生レベルの超重要語なので。

 

ボイとフェムの違い

まずフェムとボイ。これは何となく分かりますよね。

フェミニンとボーイッシュの略で、自分の見た目を表します。

どちらとも言えない場合は「中性」とも言います。

でも皆自分の見た目をはっきり限定したくないので、「フェムよりの中性です」とか「自分ではボイのつもりなんだけど周りからは中性だよって言われます」とか細かく書く人が多いです。

 

大雑把な傾向ですが、フェムはボイを、ボイはフェムが好みな場合が多いです。

レズビアンと言うとグラマラスでロングヘアのセクシーな女性が絡み合ったり、可愛らしい女の子二人がはしゃいでいる様子を想像される事が多いですが、それは幻想ですw 勿論そういうカップルも居ますが、大方はどちらかがボーイッシュです。

 

不思議な事なのですが、女同士の恋愛の中でも「男性性を求める女性」と「女性性を求める女性」の二通りに分かれるんですね。
女が女を愛するという狭い世界の中でも、男性性を求める行為が消える事は無いのです。
(※「本当は男がいいんだろ」的な発想とは全く違うのでご注意下さい!)
 
特にボイの人は8割方フェム好きです。だからインターネットのプロフィールではボイかフェムかという情報が超重要です。物凄く好みのルックスをしているけどボイでがっかり、というのはよくある話ですw
 
ボイかフェムかは表面的にはファッションの違いですが、異性愛者における「ファッションが好みかどうか」とは大きな違いがあります。それは「ファッションがそのまま自分のセクシャリティに直結している」かどうかの違いとも言えます。
だから、ボイだけど顔は好みだから、付き合ってからフェムになって貰えばいいや、という訳には行かないのです。
 

タチとネコの違い

スポンサーリンク

 

タチorネコ問題は、ボイorフェム問題と本質は同じなのですが更に内面へ踏み込んでいます。

タチとネコとはつまり、ベッドの上で男役か女役かという話です。

 

これも又すごく不思議な事です。

男女も普通にインターネットで知り合ったり恋人を見つけたりする時代ですが、性行為目的の掲示板で無い限り、プロフィール欄にベッドでの役割なんてまず書かないでしょう。書かれてたらドン引きですねw

 

でもレズビアン界ではそれを書かないと始まらないのです。

理由はレズビアンが皆いやらしいから、ではありません。

タチかネコかを表明する事は、恋愛出来る相手かどうかを表明する事と同意義だからです。

 

異性愛者に置き換えて考えてみましょう。

女性のつもりでずっと話していた相手が実は男性だったらびっくりしますよね。それ迄話していた事が全てまやかしだった様にすら感じてしまいます。態度も変わっちゃいますよね。

 

ただ異性間でこういうトラブルはまずありません。

悪戯目的で無い限りネット上で性別を誤魔化す必要は無いし、何より実際に会えば男か女か一目で分かるからです。わざわざ「あなた、ベッドではどちら役ですか」なんて聞いて相手への態度を決めるなんて失礼な事をする必要がありません。なぜなら一目見て異性だと判別出来た時点でベッドでの役割は暗黙の了解となるからです。

 

しかしレズビアンは違います。

見た目だけではタチかネコか分からないのです。

一般的にボイ=タチでフェム=ネコである傾向が高いのですが、一概には言えません。だから、最初にまず踏み込んだ事を聞かないと、恋愛候補として接したらいいのか友達候補として接したらいいのか判別できません。

だからレズビアンは、エッチな人であろうとなかろうとまずはタチかネコかを他人に表明しないといけないのです。

 

そんな明け透けな自己申告をわざわざしなければいけない事に違和感や不快感を覚えるレズビアンも居ます。

不自然だ!と。

 

そう言いたくなる気持ちも分かりますが、正直、その違和感を貫き通せるのはごく一部の恋愛強者レズビアンだけですね。

私も言わなくて済むなら言いたくないです。

でも、自然なままで愛して貰おうと思う方が傲慢だと私は思います。

 

ルックスも雰囲気もお互いに分からないネットの世界なら尚更です。

「ボイかフェムか」「タチかネコか」を書くのは必須。それにプラスして自分のアピールポイントをはっきりと書きますね……自分で書いてて恥ずかしいけど。

 

就活でも婚活でも何でもそうだけど、もうその活動自体が不自然なんだから、不自然な自分に慣れないと欲しい物を掴めない時代なんだなあと。

世の中、皆我先にと不自然のチキンレースをやっている現状です。

皆が背中に噴射機付けて100mレースに挑んでいる世界で、「体ひとつで俺は行く」とか言ってらんないなあ……と。

 

せちがらいですけどね。

でも私は同性愛者というハンデを背負って恋愛市場に出る人間なので、噴射機無しではとてもやって行けません。だから不自然万歳!です。

 

あと大事なのはこれがチキンレースだという事かも知れません。

スタートダッシュは必要ですが、最終的には本性を出さざるを得ない局面が必ずやって来ます。

その時に、見た目とか性的指向とかスペックとか関係の無い所で試されるので、そこへ行き着くまでの試練が不自然で身を固める事なんでしょうね。

 

自然に不自然で居られる女性という生き物

同性愛者専用の掲示板から知る不自然さの大事さ、という話でした。
最後に私の引っ込み思案な彼女の話をします。
 
私の彼女はそれはもう写真が苦手で、自撮りはおろか、私がカメラを向けると必ず顔を隠す位の恥ずかしがり屋です。
正確に言うと自分を飾ってアピールするのが苦手で不器用な子です。普段は明るいのですが、私が友人を紹介する度に足が震えて何も話せなくなっちゃう位内弁慶で引っ込み思案なのです。
 
そんな彼女と知り合ったのはやはりインターネットでした。
彼女が気になった理由は色々ありましたが、一つはプロフィール写真の自撮り顔が可愛い雰囲気を出していたからです。口元は隠されていましたが、大きい目と長い髪が印象的でした。
 
付き合うようになってしばらくして、不可解な点に気付きました。
あれ、そういえばネットのプロフィール写真、あれ自撮りだよな……?
しかもかなり可愛い感じに上手く撮ってる。
あの引っ込み思案の彼女にそんな小悪魔みたいな技が出来るなんて信じられない。私もしかして仮面をかぶった彼女に騙されてる?
なんて思ったのです。
 
本人に直接聞いてみました。
「普段あんなに写真苦手なのに、ネットのプロフィール写真はなんで撮れたの?」
すると彼女は
「えっ……そうしなきゃいけない物だと思って……。違った?」
と焦る様に答えました。
 
女の子っていうのはしなやかで強いですね。
不自然のチキンレースで戦わなきゃ、とか気張って考える間も無く
世界を動かしてる空気を肌で理解してスッと飛び込んでいけちゃうんですから。
彼女にとっては不自然も自然の一部なのでしょう。
ますます彼女を好きになりました。
というような捻くれた惚気でこの記事は終わりです。すいません!